パーソナルカラリスト検定 問題集サイト

パーソナルカラリスト検定について、資格を取るために必要な問題集や、テキスト等を紹介しています。その他にも、パーソナルカラリスト検定について詳しく、分かり易く説明しているサイトです。

パーソナルカラー検定の勉強方法について

パーソナルカラー検定の勉強をする前に、

あなたは自分に似合う色を知っていま

すか? 自分では「この色が似合う!」

と思っていても、もしかしたら大きな間

違いをしているかもしれません。

「あなたに似合う色はこれこれこの色よ

 りも、実はこの○○色なのですよ。」

と言われたら驚きませんか?

そんなふうに、本当の自分に似合う色が

分かったら、あなたの印象が大きく変わ

るはずです。

 

ファッションだけに限らず、

絵画や花のアレンジにだって、「色の組

み合わせ」を勉強すると、生活に役立た

せることだって可能になります。

 

CUS(カラーアンダートーンシステム)

という配色理論の勉強はなかなか大変

です。簡単に説明すると、全ての色を

”ブルーみが多く含まれているか、イエロ

ーみが多く含まれているか”によって、2

つに分ける考え方をいいます。

 

そして、ブルーみが含まれている。

例えば、暖色系の赤でも赤紫よりのワイン

色→ブルーアンダートーン

 

イエローみが含まれている。

例えば、暖色系の色でも炎の朱色→

イエローアンダートーン

 

このように、色相に含まれる色味の

違いをカラーアンダートーン(色味度)

といいます。

 

CUS(カラーアンダートーンシステム)

の勉強は、自分の似合う色を見つけるた

めには必要不可欠になります。

 

 

f:id:pinfura55:20180519154351j:plain

 

パーソナルカラー検定の勉強は何だか、

難しそう・・・から入らずに、色って

知れば知るほど、奥が深くて面白い!

に変わると、楽しく学習もできて、

様々な生活シーンの中でも自分色が

活かせることができるようになり、更

にはセンスアップにも繋がっていくこ

とと思います。

 

 

パーソナルカラー検定の具体的な勉強法

 

パーソナルカラー検定の勉強法ですが、

先ず用意したものは、

※パーソナルカラー検定 公式テキスト

※過去問題回答解説集

 

 

どちらも、下記一般社団法人日本カラ

リスト協会の公式教材販売部門の株式

会社JAPCAセンターにて入手できます。

 

パーソナルカラリスト検定公式教材販売

 

用意したこのテキストと過去問で過去の

出題傾向を知れますし、繰り返し勉強す

ることで、カラーに対する理解が深まっ

ていったように思います。